- eパウダ〜とは - New! - おべんきょう - おしゃべり - メンバーページ - お茶会(オフ情報) - ショッピング - リンク -
 

 JavaScript について

  ● よく人に聞かれたり、自分が使うJavaScriptを 覚え書きとして残しておこうと思います。

   ● 目次 ●

  ・ リンクを新しいウィンドウで開くようにするには?

  ・ 募集中

  ・ 募集中

 


 

  リンクを新しいウィンドウで開くようにするには?

   自分も一番良く使うし、一番よく聞かれるのがこれです。親ウィンドウの方にJavaScriptを記述する方法もありますが、

  面倒なので、ウィンドウオープン呼び出し専用の wopen.jsと言うファイルを用意しました。 ダウンロードはこちら

  

  セットアップ方法:

   以下、リンク元ウィンドウ=親ウィンドウ、新しく開いたウィンドウ=子ウィンドウ、wopen.jsファイル=wopen.jsと呼びます。

   1. wopen.jsを、親ウィンドウと同じディレクトリに起き、親ウィンドウのコード <head></head> の間に、

     <SCRIPT language=JavaScript src="wopen.js"></SCRIPT>

     と記述する。

   2. 親ウィンドウのコードに、「ここをクリックするとウィンドウが出ます」と記述し、その文字列にリンクを貼ります。

     例) <a href>ここをクリックすると新しいウィンドウが出ます</a>

   3. リンクの記述の中に、wopen.jsの中に記述されている wopenと言う関数を呼び出す記述をします。

     例) <a href="javascript:wopen('sample', 'sample.htm', 0, 0, 450, 200, 0, 0, 0, 1, 1)">ここをクリックすると
           新しいウィンドウが出ます</a>

    ※呼び出しファイル名は sample.htm。これも同じディレクトリにある場合の記述です。

   4. wopen の引数の説明は以下の通り。

    wopen(name, url, left, top, width, height, toolbar, menubar, statusbar, scrollbar, resizable)

    ※sample.htmを表示しようとしている場合

    name = ファイル名、拡張子なし 例) 'sample'

    url = ファイル名、パス 例) 'sample.htm'

    left = 左からの表示座標位置 例)0 ←左余白なし

    top = 上からの表示座標位置 例)0 ←上余白なし

    width = 開くウィンドウの幅 例)600 ←幅600px

    height = 開くウィンドウの高さ 例)400 ←高さ400px

    toolbar = ツールバーの表示 0:しない 1:する 例)0 ←ツールバーを表示しない

    menubar = 0 メニューバーの表示 0:しない 1:する 例)0 ←メニューバーを表示しない

    statusbar = 0 ステータスバーの表示 0:しない 1:する 例)0 ←ステータスバーを表示しない

    scrollbar = スクロールバーの表示:1 例)1 ←スクロールバーを表示する

    resizable = リサイズ 0:できないようにする 1:できるようにする 例)1 ←リサイズできるようにする

   5. そこまで出来ると、このようになります。

    ここをクリックすると新しいウィンドウが出ます

  

 

   参考文献 : 秀和システムのHTML&JavaScript辞典。 きっかけは谷ちゃん、あんたのおかげさ。 早くHP復活してね(笑)

   記事作成日 : 2003/11/13

   記事最終更新日 : 今の所なし。

   内容的におかしいところ、見づらい個所(色使い)などございましたらご指摘ください。

 


 

  募集中

    でっす。

 


 

  募集中

    でっす。